【元高校野球監督が解説】みなしアウトとは

未分類

みなしアウト なぜ話題に?

甲子園出場をかけた、高校野球神奈川大会の決勝戦であるプレーが話題になりました。

9表 無死1塁
横浜5ー3慶應義塾 
慶應義塾の攻撃

セカンドゴロが4→6→3と転送され、セカンドは明らかにアウトのタイミングでした。
しかし、ベースカバーに入ったショートがセカンドベースを踏んでいないとのことで、判定はセーフに。

その後逆転ホームランを打たれ、横浜高校は甲子園出場を逃す結果になりました。

神奈川県は激戦区と言われ、ただでさえ優勝の行方は注目を集めます。

そんな中、決勝戦の終盤で起こったこの判定について、様々な意見が出ています。

  • 明らかな誤審
  • ショートはベースに触れた
  • ショートはベースに触れていない
  • 高校野球にもリクエストを導入するべき
  • みなしアウトでいいのではないか?

このように色々な意見が出ています。


その中に「みなしアウト」という言葉が出てきました。

野球をやっていても、あまり聞きなれない言葉かもしれません。

そこで、ここではみなしアウトとは何か、解説してみたいと思います。

みなしアウトとは

みなしアウトとは、一般的にみなし判定とも言われます。

起こったプレーに対して厳密にルール適用した場合の結果に対して、タイミングや安全性などを考慮して違った判定を下すことをいいます。

基本的に、アマチュア野球ではほぼその概念はなく、プロ野球において暗黙の了解で適用されてきました。

どういう状況で?

例)ダブルプレーで、セカンドベースカバーに入った二遊間が送球を受ける前に離塁する。

例2)内野手の送球を受けるファーストが、キャッチするより先に足をベースから離す。

こういったケースで、明らかにタイミングがアウトの場合、みなしアウトとして判定するといった具合です。

送球がベースから逸れて、足が離れてしまった場合などにはみなし判定はされません。

あくまでも、スムーズなプレーをした延長線上に、暗黙の了解でなされるものです。

なぜみなし判定がある?

先に書いたように、安全性を担保することが一番と言われています。

スライディングしてくる走者との無用な接触を避ける。
全力で走ってくる走者にスパイクで踏まれないようにする。

このような、怪我を防ぐ観点が一番と言われています。

プロ野球選手のスピードとパワーとはすさまじいですからね。

他にも、よりスピーディーなプレーを魅せて、観戦スポーツとしての魅力を際立たせるといった側面もあるようです。

このあたりはプロスポーツであるがゆえですね。

リクエスト制度ができたが?

2018年にリクエスト制度が導入されてから、野手もかなり慎重にプレーするようになりました。

元々、以前よりも正確にプレーする選手が増えてきている印象でした。

リクエストが導入されたことによって、みなし判定の考え方そのものがなくなったように思います。

そもそも、リクエスト制度の趣旨が、際どいプレーに対する正確な判定を助けるものです。

際どくないプレーについては、なおさら正確にルール通りのプレーが求められるのは当然ですね。

ちなみに

上で書いたように、元々学生野球では、みなし判定の概念は全くと言っていいほどありません。

筆者も高校野球の指導に携わってきましたが、現場では選手に伝えることはほぼありません。

また、みなし判定そのものを知らない指導者の方も、いるのではないでしょうか。

横浜高校は、勝敗の結果については気の毒でした。

ショートの選手のプレーが素早すぎて(レベル高くて)判定も難しくなったのだと思います。

注目度が高い試合だったので、話題になっていますが、リクエストやみなし判定がない高校野球は、より堅実なプレーを選択していくことが必要なのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました