【元高校野球監督が解説】リクエスト制度とは

未分類

リクエスト制度とは

  • 判定に異議があるとき、監督が審判団に対してプレーの検証を要求すること
  • NPBでは2018年シーズンから導入された
  • 使用権は各チーム1試合につき2回まで
     成功した場合、使用回数は減らない
  • 延長戦に入った場合、残回数にかかわらず、使用権が1回与えられる
     上記同様、成功すれば減らない
  • 検証時間は5分以内とする

以上がリクエスト制度の概要となります。

対象のプレー

全ての判定に対してリクエストを求めることができるわけではありません。

リクエスト対象となるプレーは以下の通りです。

  • アウト、セーフの判定
  • ホームラン、ファールの判定
  • フェア、ファールの判定
  • 危険球の判定
  • キャッチ、ノーキャッチの判定
  • コリジョンの判定

他にも、タッチアップの離塁や、守備、走塁妨害など、映像が残っている場合にはリクエストの対象として扱われています。

対象外のプレー

対象外のプレーには

  • ストライク、ボールの判定
  • ボークの判定
  • ハーフスイングの判定
  • インフィールドフライの判定

などがあります。

また、塁審より前方の打球に対するフェアファールの判定もリクエストの対象にはなりません。

成功率は?

リクエストの成功率については、NPBから公式なデータは出されませんが、

色々な記事を見ると2018年~2022年にかけて、全体平均で3割やや超程度となっているようです。

10回リクエストがあったら、3回~4回は判定が覆っているということになります。

実際に判定に疑問が生じ、リクエストするだけでなく、残りイニングや回数を考慮して、ダメ元でリクエストする場合もあることを考えると、案外成功率は高いように思えますね。

リクエスト制度の課題

日本では、テレビ放送用のカメラ映像によるリプレー検証しかすることができません。

台数も多くないため、映像がはっきりしない場合や、どの映像からも判定の再検証ができないことがあります。

今年も、映像がないため判定の検証ができなかったこともありました。

リプレー検証をしているあいだ、観客は球場のスクリーンに映し出された映像を見ることができます。

しかし、審判団も同じ映像でしか判断できないと言われ、すべてのリクエストに対して100%の解答を出すことは難しいところがあります。

メジャーとの違い

ちなみに、メジャーリーグでは、チャレンジという呼称で2014年から始まりました。

回数は日本の2回に対して1回となっています。

しかし、メジャーでは各球場に30台を超えるとも言われるビデオ判定用のカメラがあり、日本とは段違いに正確な判定をすることができる環境にあります。

各球場での映像を、ニューヨークにあるチャレンジ判定専用のスタジオで判定し、それを現地の審判団に伝えるという形をとっています。

また、その映像は試合中の両チームのベンチに提供されるため、ビデオルームで速やかに確認して、チャレンジを要求するか判断できるようです。

日本と違ってかなり判断材料を提供されるため、最小限の回数で設定されているのでしょう。

高校野球でも

高校野球では、現在リクエスト制度は採用されていませんが、導入の是非がより問われるようになってきました。

7月に行われた、高校野球神奈川大会決勝の横浜高校と慶應義塾高校の試合で、9回表の横浜高校の守備で4-6-3のダブルプレーを狙ったセカンドベース上のプレーが、明らかにアウトのタイミングにもかかわらず、触塁していないとの判定でセーフに。

その後逆転ホームランを打たれ、横浜高校が甲子園出場を逃すといったことがあり、多くの声が上がりました。

・高校野球にもリクエスト導入を

・地方予選の決勝戦だけでもリクエストの導入を

・甲子園ではリクエストの導入を

このような声がSNS上で散見され、大きな話題になりました。

個人的には、もし設備上可能ならば、地区大会から全試合で導入してほしいと思います。
実際に監督として、微妙な判定に泣かされたことがあるのも事実です。

しかし、プロ野球と同等の設備を全球場に用意するのは現実的に不可能です。
また、決勝戦のみ導入なども、他の試合との公平性が保てなくなります。

もし高校野球でリクエスト制度が導入されるとしたら、甲子園大会のみになるのでは、と思います。
地方予選に比べると、多くのカメラでプレーを追うことができ、テレビでもリプレーが放映されるなど、条件は整っています。

また、現代はSNS上にも微妙な判定が残されるようになりました。
甲子園大会など大きな大会で、かつ映像が鮮明に残っている場合はなおさらです。


審判の方を守るためにも、甲子園大会でのリクエスト導入は検討する余地はあるように思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました